2009年04月05日

life

090402_1821~0001.jpg楽しみましょう
一度しかない宴なら。

出逢いを慈しみ
二度とない
この瞬間に
存在に感謝して。

Copyright(C)2009 Excentric*Kanon All Rights Reserved

Excentric*Kanon(Blue*Swallowtail)
posted by Excentric*Kanon at 20:54| 大阪 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

夢ing

090402_1823~0001.jpg一筋縄ではいかない、
それが夢なんだと思う。

いろんな試練や困難や
怒りや悲しみ、悔しさを
経験して、
最後に得る喜び、

その過程があって
そのすべてが夢なんだと思う。

だから途中で挫けることがあっても
諦めちゃいけないよ。

諦めない限り、
キミの夢は現在進行形。

Copyright(C)2009 Excentric*Kanon All Rights Reserved
posted by Excentric*Kanon at 20:33| 大阪 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

切なさの基準

たとえ共有できるその一瞬、
あなたと過ごすことが
できなくても、
このままずっと
会えなくなる寂しさよりは
ずっといい。

Copyright(C) 2009 Excentric*Kanon All Rights Reserved

微妙な距離の片思いとか、不倫とか、
スタイルはそれぞれなんだけど、
相手を想う気持ちっていうのは、
今回、ずっと相談を受けていて、
根本は同じなんじゃないかなぁと
感じました。

恋愛していなくても、詩を書けるのは、
プロだから当たり前という以前に、
相談者である彼女たちから受けるものが大きいからです。

彼女たちを見ていると、
恋愛できている彼女たちが羨ましく、
また微笑ましくもあります。

皆さんは、恋、してますか?
あたしは今日も活字が恋の相手です♪

EXCENTRIC*KANON
posted by Excentric*Kanon at 18:24| 大阪 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

告知!ドリバン・ケータイ小説コンテストエントリー、投票受付開始♪


http://www.dream-bang.jp/?m=pc&a=page_h_novel07_01
エントリーNo.07
著者:EXCENTRIC*KANON
作品:永遠の約束

「光の中、常に心に闇を抱えた聖美と暗闇の中、
手探りで光を夢見た莉奈が壊れかけた世界で
紡ぐ永遠の約束…。」


上のURL見るのに、そして投票するのに
無料登録してもらわにゃならんかもしれんのですが(汗)、
年末年始のお正月返上で執筆した作品が本日より
ご覧になれます。

この作品には実在モデルが3人存在します。
その一人は昔所属していたモデル事務所の先輩で、
昨年末肺炎でお亡くなりになった飯島愛さん。
そして数々の困難を乗り越え、戦っている私の友人。
そして作者である自分自身。

もともと映画を作るつもりで、この作品の前身となる
プロットを書きはじめていました。
ロケ地となる東京、大阪の街を歩き、写真を撮り、
映画化に必要な人間に会うため海を渡り…。

そして1年という時間がかかりました。
おそらく本当の物語は壮絶で、もっと長くて、
今回のようなカタチでは完結できなかったと思う。

この物語はアナザーストーリー。
だけど伝えたかったことを凝縮して書きました。
そして先行して発表することにしたのです。

リアルストーリーはいつかのために。
まだ構想を練っています。
いつか映画化させたいですね。
その物語は必ず見る人の心を揺さぶると確信しています。

あたしはそのリアルに触れて号泣しました。
だから書ききるには、かつて自分が拙著であり、
このブログのタイトルにもなっている、
"CAN YOU FIND YOUR HEAVEN?"を泣きながら
書いたときと同じ、否、それ以上のパワーが必要
かもしれません。

年明け早々告知すると書いていたことのひとつが
これでした。
この夢を追い掛ける者たち、その夢を応援する者たちの
集まりに無料参加して、応援して頂ければ幸いです。

皆さんのところに訪問もせずに一方的なお願い事、
本当に申し訳ございません。
よろしければ、気が向いたら、よろしくお願い申し
上げます。
posted by Excentric*Kanon at 00:28| 大阪 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

◆EXCENTRIC*KANON新刊のご案内

ネット発のアンソロジー出版、 iPプロジェクト08・春期
Amazon、太陽書房契約の全国書店、

大学生協にて発売。


書籍名: Drop of Words

ISBN:  978-4-903447-46-9
発行日: 2008年5月31日
定価:  1200円+消費税
体裁:  B6判ペーパーバック140ページ
詩人:  32名
posted by Excentric*Kanon at 13:51| 大阪 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

お願い

tt333

お願いがあるんだ、
もしもボクの世界が
暗闇に包まれても
キミだけは
ずっと
ずっと
そばにいて。
posted by Excentric*Kanon at 23:59| 大阪 ☔| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

冬の蜉蝣

あたしひとりが泣いて
終わらせられるのなら
もう誰も傷つかないというのなら
あなたの前から消えましょう
posted by Excentric*Kanon at 12:10| 大阪 ☔| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可能性

100%の保証も確約もない、
だけど1%の可能性ならある、
あるのはキミがキミ自身を諦めない、
未来を諦めない、
自分を信じる気持ちただひとつ。
その心があれば、
可能性はゼロじゃない。

posted by Excentric*Kanon at 12:07| 大阪 ☔| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

I wish your Merry X'mas

ps


子供の頃の夢も

大人になった今も

この日は平等に

訪れるから

どうか

今日だけは

暖かくて

優しい時間が

誰の心にも

振り注ぎますように
posted by Excentric*Kanon at 23:52| 大阪 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

毒舌詩「謝る必要なんてない」

どんなに酷いことをしたとしても、
誰かを悲しませたとしても、
誰かから大切なモノを奪ったとしても
あなたがあなたの信念で貫いて

覚悟の上で手に入れたモノなら、

謝る必要なんてない、
いえ、謝らないでください。

何故なら、謝られても
簡単に許す事なんて出来ないし、

相手を馬鹿にしてるにも程があるから。
あたしに言わせれば、

謝るくらいならはじめから
傷つけなければいいのです。
壊すようなことをしなければいいんです。

だからあなたは謝る必要なんてない。
正々堂々としていればいいのです。

今までもこれからも。
申し訳ないなんて思っても

コトバにも顔にも出さないでください。

謝るなんて失礼ってモンです。
相手に嫌われる覚悟があって
やったことでしょう、

違いますか?

その覚悟もなかったのなら
謝る資格も、誰かを傷つける資格も

あなたにはない。
ないのです。
posted by Excentric*Kanon at 12:40| 大阪 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。