2006年09月19日

脆さゆえ

立ち直りを焦ってはならない、

そう思っていても

目の前の苦しみから逃れたくて

じたばたと蜘蛛の糸にかかった蝶のようにもがいて

束の間の快楽に溺れて我を見失いたくなる

そんな瞬間との葛藤を繰り返して

痛みが麻痺した頃

皮肉にも自由と解放が訪れる
posted by Excentric*Kanon at 00:00| 大阪 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。