2007年11月05日

砂の幻想

足元から崩れてゆく
信じていたもの
すべてが音を立てて
呑み込まれてゆく
悲しみの渦に
気が遠くなる

崩れ落ちてゆく
砂の幻想
もうそこから
這い上がれない

もがいても
もがいても
掴んだ指から
砂が崩れて

渦に呑み込まれて
もう動けない

もう目を閉じて
そのまま
埋もれてゆくしかない…
posted by Excentric*Kanon at 22:08| 大阪 ☔| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。