2007年12月20日

毒舌詩「謝る必要なんてない」

どんなに酷いことをしたとしても、
誰かを悲しませたとしても、
誰かから大切なモノを奪ったとしても
あなたがあなたの信念で貫いて

覚悟の上で手に入れたモノなら、

謝る必要なんてない、
いえ、謝らないでください。

何故なら、謝られても
簡単に許す事なんて出来ないし、

相手を馬鹿にしてるにも程があるから。
あたしに言わせれば、

謝るくらいならはじめから
傷つけなければいいのです。
壊すようなことをしなければいいんです。

だからあなたは謝る必要なんてない。
正々堂々としていればいいのです。

今までもこれからも。
申し訳ないなんて思っても

コトバにも顔にも出さないでください。

謝るなんて失礼ってモンです。
相手に嫌われる覚悟があって
やったことでしょう、

違いますか?

その覚悟もなかったのなら
謝る資格も、誰かを傷つける資格も

あなたにはない。
ないのです。
posted by Excentric*Kanon at 12:40| 大阪 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。